×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ハーブ初心者 バラ栽培初心者 ビギナーの方へ

ハーブ初心者 バラ栽培初心者 ビギナーの方へ

誰でもはじめは初心者です。色々と失敗しても、その原因を明らかにすることに次回への教訓として生かされます。そして自ずと年々上達してゆきます。植物から教わることは意外と多くスタンスも長いので気長にがんばりましょう!
 
 

 Navi,1 【植物を育てる場所と土

   「朝日があたり風通し良く土が良いところがベスト」

   ■庭の場合:朝から夕方まで日光が当たる場所をお選び下さい。 
           もしくは、日の出からお昼までの午前中の日光が当たるところでもよろしいです。
   ■ベランダの場合:日の出からお昼まで日光が当たる場所。


   ■栽培用の土:植物にとって土は、根を張り水分や養分を吸収する非常に重要な要素です。
             土の良し悪しで、その後の生育が大きく変わって来ます。
             初めは、ハーブとバラそれぞれに専用の培養土を使用したほうが無難です。
             ただ、数多くのものが市販されていますので
             出来る範囲内で高価なもの、そして手に持ってみて重いものがよろしいです。
             なお、庭植の場合の土壌改良には、この専用の培養土を掘った穴の分使用する
             ピンポイント土壌改良がお勧めです。

 

 Navi,2 【植物を育てる道具

  「何においても出来る範囲内で高品質なものを揃える」
    (安物買いは銭を失うだけでなく花も失います)
  
   ■ハーブの場合(基本的にノンケミカルの栽培です)
    剪定ハサミ / 消毒液(AZグリーン・月桃) / 展着剤 (サカエ1号) / 肥料(カニガラペレット・陸の恵) /
    土壌改良剤(園芸用ソフトシリカ・園芸用ミリオン) / 軍手 /
移植ごて


   ラの場合(お肌が弱い方やノンケミカル派・お時間にゆとりがある方など)
     剪定ハサミ / 消毒液(AZグリーン・月桃) / 展着剤 (サカエ1号) / 肥料(カニガラペレット・陸の恵) /
     土壌改良剤(園芸用ソフトシリカ・園芸用ミリオン) / 誘引用麻ヒモ / 皮の手袋 / 軍手 / 移植ごて


   ■バラの場合(化学薬品に抵抗が無い方や日中お時間がない方など)
    剪定ハサミ / 殺菌剤(サプロール・ダコニール・カリグリーン・etc) / 殺虫剤(オルトラン・スミチオン・etc) /
     展着剤 (ダイン・etc) / 肥料(バラの肥料~元肥・追肥用) /
     土壌改良剤(園芸用ソフトシリカ・園芸用ミリオン) / 誘引用麻ヒモ / 皮の手袋 / 軍手 / 移植ごて

 

 Navi,3 【育てやすい植物
  
 ハーブ
 ■アレキサンドリアストロベリー    ■モーツアルトブルーローズマリー    ■パイナップルミント
アレキサンドリアストロベリー @ モーツアルトブルーローズマリー @ パイナップルミント
暑さ寒さに強く春から秋まで赤い実を
ならしてくれます。
梅雨時期の蒸れも心配ありません。
赤い実をティーやサラダにどうぞ!
  暑さ寒さに強くコンパクトに茂り
場所をとりません。
秋以降は綺麗な花を咲かせます。
摘み取った葉を料理や入浴剤に!
  ミントの中では観賞価値が良い
ハーブです。香りも良くサラダや
フラワーアレンジのアクセントとして
ご利用いただけます。

 【バラ
 
 ■ザ・フェアリー    ■黄色モッコウバラ八重    ■紛粧楼(ふんしょうろう)
ザ・フェアリー @ 黄色モッコウバラ八重 @ 紛粧楼(ふんしょうろう)
四季咲き性で病気に強い品種です。
絶え間なく花を咲かせます。
ポリアンサという膝下まで位の
大きさの系統のバラです。
  春1回の開花ですが、棘が全く無く
肥料や消毒も必要ありません。
どんな風に切っても、たくさんの花を
翌春咲かせるツル性のバラです。
  四季咲き性で香りよく不動の人気を
誇る木立性のコンパクトなバラです。
一通りの病気に罹りますので
バラ栽培の教材としてお勧めです。

 


 Navi,4 【1年間のおおまかな流れ
 
   ■下記が大まかな流れですが、その年々の気候は必ずしも一定ではありません。
     3週間毎に発行しております弊社メルマガ(お知らせ)を受信されますと
     よりよくご理解いただけるかと思われます。
     そして、おおよその事がご理解いただけましたらメルマガを解除されて構いません。
     ご自分の庭は誰のものでもなく間違いなく自分のものです。
     何事にも縛られず自由な発想で色々な試行錯誤やアレンジをきかせてください。
     きっと応えてくれます。

     メルマガの受信には会員登録ならびに「お知らせを受け取る」にチェックを入れる必要があります。
     下記のページより行われてください。(お買い物時に既に登録を済まされた方は必要ございません)

     「マイページログイン:
https://ssl.xaas.jp/m8246817/login/Login/index/domain/

 

  ハーブ 】  

   元気に生育する時期です。
- -
  梅雨(6月中旬~7月中旬) 高湿度と日照不足で葉が黒く腐食する蒸れという現象が出ます。
この現象が出る前に短く刈り取ります。
- -
  夏 高温により夏バテをしています。
元気が無いものは短く刈り取り体力を温存させます。
- -
  秋雨(9月中~下旬) 梅雨程ではありませんが蒸れに注意が必要です。
- -
  秋 春同様、元気に生育します。
- -
  冬 寒さが苦手なものは霜が当たらないところで春まで非難させます。
寒さが平気なものは、そのまま春までしばらく休息の時期です。
 

バラ (関東以南)         

 
  冬 バラ栽培の始まりの時期です。
休眠中にて剪定や施肥・強濃度消毒を行い春へ向けての準備をします。
- -
  春 寒い冬の作業が報われる時期です。
花の蕾や茎・葉に害を与える害虫や病気への対処が必要です。
- -
  梅雨(6月中旬~7月中旬) 花が終わったものは体力の回復を促すためお礼肥を与えます。
- -
  夏 高温により夏バテをしています。
花が咲いても小さく体力を更に消耗しますので切り取ってあげましょう。
- -
  秋雨(9月中~下旬) 秋の花の前の剪定と施肥の時期です。
- -
   春ほどは咲きませんが花色はとても綺麗です。
花の蕾や茎・葉に害を与える害虫や病気への対処が必要です。

  *バラは春一季咲き性と四季咲き性そして木立性ならびにツル性などの性質によって若干変わります。
   ここでは最もオーソドックスな四季咲き木立性のバラについて解説しています。

 

 Navi,5 【上達するためのポイント

  「毎日眺める」
      ■毎日眺めることによって病気や害虫の早期発見につながります。
        また、日々成長する姿を見ることによって生きているという事を実感すると同時に喜びが得られます。


  「植物を育てることは子育てをすることと同じ」

      ■植物にとって水は人間でいう白いご飯で、肥料はおかずです。
        白いご飯だけやレトルト食品だけでは健康的で元気な子供は育ちません。
        水と肥料を与える意味をよく理解いたしましょう。


  「持っている品種の事を良く知る」

      ■インターネットや書物での豊富な情報を元に、自分が持っている品種の特性を良く知ることによって
        的確な育て方をはじめとする管理方法やトラブルシューティングがわかります。
        目隠しの状態では何事もわかりませんし、常に不安ばかりが付きまとってしまいます。


  「枯らしてしまった事を悔やまない」
     ■形あるものは必ず壊れ、植物もいつかは枯れてしまいます。
        ただ枯れてしまったことだけを悔やむのではなく、枯れた原因を明確にし
        次回への教訓として生かされてください。
        このことによって枯れてしまった植物も救われます。


  「わからない時はすぐに調べるor専門家に尋ねる」
      ■以前は園芸書などでしか調べるすべがありませんでしたが
        今はインターネットという便利なツールがありますので、思い立ったらすぐに調べることが出来ます。
        狭い日本ですが、花に関する色々な事や学術的なことも掲載されてありますので
        ぜひご活用ください。
        もし、それでもご不明な点が残る場合は下記無料園芸相談窓口へお問い合わせください。

 


 Navi,6

【無料園芸相談窓口

     「090-5480-3947」 毎日午前9:00~午後6:00
         *園芸関係者様のご質問は別途お受け申し上げます。

      ■ 弊社では、苗の植えつけ方等のリーフレットは商品に同封しておりません。
        これは、植え付け場所は数々の環境により多種多様で一概には対応出来ないためです。
        つきましては、植えつけ方等がご不明な場合はいつでもメールをください。
        2日営業日以内にご返答申し上げます。
        また、お問い合わせ時にメールに植え付け予定場所の画像を添付いただけますと
        よりよく植えつけのお手伝いが出来ます。
        (携帯の画像でも構いません。)