from  Herb & Rose

【 バラのリセット法詳細 】
被検体のポリアンサ系ベビーフォラックス。
このバラをリセットしてみます。



まず、新しい枝先を外芽の上で切ります。
(今回は整枝を兼ねます)



次に枯れた枝や小さい芽を切ります。



全ての枝先や小さい芽を切ったところです。



枝の次は葉を除去します。
付いている葉はハサミで切り落とすのではなく葉を下方向へ引っ張って
葉の付け根から綺麗に取ります。
このことにより萌芽したての新しい葉への感染の危険性が低くなります。
ここがポイントです!




全ての葉と新芽を除去し冬季の状態へとなりました。
とても寂しくなりましたが、早期回復への始まりです。
あとは定期的な消毒や施肥にて管理します。
また、鉢を置く場所は午前中のみ日光が当たり
雨が当たらないところがベストです。



そして、おおよそ1ヵ月後。
ご覧の通りの状態へとなりました。
一部に枝枯れが生じる場合もありますので
枯れ枝は除去されてください。


バラがリセットされ、元通りになる時間は外気温に左右されます。
特に高温になる夏場は株自体の体力も低下(夏バテ)していますので
春や秋に行ったものよりも多少時間を要します。
(ツルバラはその傾向が顕著に出ます)
なお、木立タイプのオールドローズはかなりの成績をあげてくれます。



                                         以上